田舎まちは、こうして中国人に占拠されていく。

ご存じですか?

田舎町の街道の空き店舗が、次々と中華料理店に変わっている。

ほんの数キロおきに、それらの店は有る。

客が入っている店も有れば、ほとんど入らない店も有る。




なぜこんな田舎の街道に中華料理店が・・・・?

狭い田舎町だから、話題になったが、そのうち沙汰止んだ。

そしたら最近、こんな話を耳にした。

「中にいるコックは、みんな中国から来た素人コックで、就業ビザをとるために、いったん働いているんだよ。

受け入れるために、その働き場所を確保するために、店をたくさん作っているんだ。

だから客が入らなくても、かまわないんだ。」

なるほど、いろんなビジネスがあるもんだなと・・・・。


在留資格一覧表
A 活動に基づく在留資格
 1 各在留資格に定められた範囲での 就労が可能な在留資格

在留資格  本邦において行うことができる活動
        《 該職業例など 》 

技能    本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な
      分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動
      《 外国料理のコック、貴金属加工職人、パイロットなど 》

在留期間  3 年 又は 1 年

就労    可

そういえば、家賃の安い公営住宅は 中国人に占拠されているって、言ってたな。


中国人が住んでいる部屋には、大きなパラボラアンテナがある から、すぐ分かる。

彼らは、日本へ帰化するつもりがあるのだろうか?

それとも、いったん有事の時には蜂起して、祖国中国のために戦うのかな?